バイクライフを応援します!

Bike Live Adviser

バンディット1250Sの一括査定で損しないコツ

バンディット1250Sの一括査定で損をせず、高く買取ってもらうためのコツを紹介します。


バンディット1250Sを高く売りたいなら
その1−一括査定で複数の業者の見積もりをとる
その2−2社以上の出張査定 がポイント!

 バンディット1250Sに限った話ではありませんが、できるだけ高く売りたいならば、まずは、複数業者に買取目安額を一括で確認できるバイク比較.COMの一括査定 で見積もりします。この複数の業者の見積額が後々の交渉で、査定額が高いかどうかの判断材料にもなります。

 次に、2社以上の条件がよい買取業者に出張査定を依頼して、バンディット1250Sを見せて実際の買取額を査定してもらいます。ここでは、2社以上に査定額を競ってもらうのが高額査定を挽きだすポイントです。

 一括査定サービスの中で、業者が多くおすすめなのは バイク比較.COM です。多数の買取業者が加盟しているサービスであり、大手の買取業者が揃っているのも安心して依頼できるのがポイントです。

一括査定の詳しくはコチラ

 

バンディット1250S の中古販売価格は平均84万円

 新古車など、あなたのバンディット1250Sがよほど良い状態出ない限り、査定額が中古車販売価格(平均84)を上回ることはありませんので、買取業者を決める上で、これらを一つの判断材料とするのも良いでしょう。

バンディット1250Sの中古車市場価格の目安

平均 84万円
最高 万円
最安 63万円

 

買取額+整備費用+業者の儲け=中古販売価格

買取額(つまり査定額)は、市場の中古車価格を目安に、[整備に掛る費用] と [業者の儲け] を差し引いた額となります。この[業者の儲け]は買取業者1社のみでなく、買取業者からオークション業者や販売店などの多数の業者の儲けの合計のため大きくなりますが、買取と販売の双方を手掛ける業者ならば儲けの部分は必然的に少なくなり、買取額も高くなる傾向にあります。

 

スズキ バンディット1250S の特長

バンディット(Bandit)1250 ABS/1250S ABS(ハーフカウル:小型風防を装備)は、シリンダー内壁には放熱性、耐摩耗性の高いSCEMメッキシリンダーを採用した水冷エンジンを搭載。フューエルインジェクションシステム(電子式燃料噴射装置)には、スロットルボディあたり2枚のスロットルバルブを持つSDTVを採用し、燃焼効率向上や、リニアなスロットルレスポンスを実現する。6速トランスミッションや、電子制御式ABSを標準装備する。二段階(770/790mm)に手動調節できる可変シート高機構も採用。

 

スズキ バンディット1250S の詳細情報

総排気量1254 cc
全長×全幅×全高2130×790×1235 mm
定地燃費27.0km / L (60 km/h走行時)
発売年月2009/07/10
メーカー希望小売価格1039500 円

 

健康維持