バイクライフを応援します!

Bike Live Adviser

一括査定サイトの選び方とその後の流れ

  1. インターネット上の信頼できる一括査定サイトから依頼する
  2. 複数の業者から目安額(買取り上限額)の連絡がくる
  3. 目安額が高く条件の良い複数の業者に実査定(出張査定)を依頼する
  4. バイクを見せて実査定をしてもらい交渉に入る
  5. 他の業者の実査定額を伝えて競ってもらう
  6. 納得出来る査定額が出れば売却決定
  7. 車体と必要書類を渡して、売却手続きに入る

以下、それぞれの段階について説明します。


1.信頼できる一括査定サイトから依頼する

バイクの一括査定サイトは多数あり、中には強引な買取りをする業者が含まれる一括査定サイトや、同じグループ企業の買取業者のみが 含まれ実際には競争が行われないインチキ一括査定サイトもあります。本来の査定価格でバイクを手放すためにも、公正な査定競争が行われるよう中立な立場で運営され、安心して査定してもらえる信頼できる買取業者のみを集めた一括査定サイトを利用しましょう。

下記の一括査定サイトは、中立な立場で偏りなく、信頼できる買取業者のみが登録するサービスで、幅広く大手買取業者が揃っているのでおすすめ出来ます。

依頼方法もシンプルで、サイトからバイクの車種や年式、そして、バイクの状態や連絡先を入力して完了です。

おすすめ出来る一括査定サイト

バイク比較.COM

各種の比較サイトや仲介サイトを手がける大手インターネット企業インターファー社が運営するサイト。バイク用品大手サイトのWebikeでもおなじみ。

バイクブロス愛車無料一括査定

幅広く数多くのオートバイ雑誌を出版するバイクブロス社が運営する一括査定サイト。中古車検索やバイク用品ショッピングサイトも手掛ける。

 

2.複数の業者から買取り上限額の連絡がくる

一括査定を依頼すると、登録されている買取業者から目安となる買取り上限額の連絡が来ます。この際に示された目安額がどのような条件での額なのか?を確認しましょう。一括査定で伝えた自分のバイクの状態を考慮した額なのか?それとも、同車種で全く走ってなく新古車状態に対する額なのかを確認したほうがよいでしょう。

 

3.条件の良い複数の業者に出張査定を依頼する

一通りの買取業者から買取り上限額が揃ったら、条件のい業者を数社(2〜3社)選び出張査定の依頼をします。買取業者によっては、高額な買取上限額を連絡しておいて、出張査定での実際の査定額でかなり安い額を示されることもあるので注意が必要です。業者名+査定/どう/悪などのキーワードで検索すると業者を利用した人の評判を知ることができるので参考にすると良いでしょう。また、出張査定の依頼は1社に限定せず、最低2社以上に依頼するのがよいでしょう。業者同士の競争となり買取額が高くなるので、業者は嫌がりますが複数業者の査定は必須です。1社のみの査定では先方言い値で押し切られてしまい、先方の思うつぼです。出来る事なら、複数業者との予約を同時刻にして同時に出張査定してもらう方法が効率的です。ただし、買取業者はトラックで来ますので、駐車スペースのある場所で待ち合わせた方がよいでしょう。

 

4.バイクを見せて実査定をしてもらい交渉に入る

出港査定では、実際にバイクを見せて査定してもらうのですが、バイクの使用状況や保管状況・整備状況・事故歴などを詳しく正しく説明します。下手に事故歴などを隠そうとすると信頼を失い査定額を下げることに繋がるので、あらかじめ自分から申告しましょう。また、カスタム箇所などがあれば、アピールポイントとして伝えることで査定額が上がることもあります。査定の際にはオリジナルの部品なども揃えて置きましょう。

提示された査定額に納得できなければ交渉し、それでも納得できる額にならなければ、きっぱり断りましょう。

買取業者は時間と交通費を掛けて出張査定に来たので、そう簡単には引き下がりませんが、だからといって、納得できない程低い査定額で愛車を手放すと、大した現金も残らず、後悔ばかり残ってしまいますので。

 

5.他の業者の実査定額を伝えて競ってもらう

すでに他の業者に出張査定してもらい査定額が出ている場合は、その査定額を伝えましょう。他の業者の査定額を伝えることで、その額を下回る査定額を提示されることはまずあり得ません。

また、レッドバロンでは、「他社より3万円高く買取ります」というキャンペーンを行っているので、出張査定の査定額に納得できない場合は、レッドバロンに依頼するというのも1つの方法です。

 

6.納得出来る査定額が出れば売却決定

納得できる査定額が得られれば交渉成立、売却決定です。

ごく僅かな査定額の差でしたら、手間など考えその場で決めるのも1つの手です。交渉して適正な額が示されたと思ったらその場で売却するのも良いでしょう。

 

7.車体と必要書類を渡して、売却手続きに入る

売却を決定したら、車検証(登録証)や自賠責証などの必要な書類を渡し、契約書や譲渡証明などの契約書類を記入して、売却の手続きを行います。基本的に、名義変更などの手続きは買取業者の方で行ってくれますので、書類を渡し必要事項を記入すれば完了です。あとは現金で査定額を受取り、すべて完了です。

 

健康維持